妻の許可なく早期退職金を株で溶かして個人再生中

某家電メーカーを早期退職して得た退職金を株投資で運用して、別居中の妻が住むマンションの住宅ローンを一括で返済しようともくろみました。 でも逆に全部溶かしてしまった上に、借金が残って首が回らなくなって個人再生を選択しました。 退職金が溶けたことはまだ打ち明けていません。

早期退職後

借金を返して住宅ローンの一部繰り上げ返済を考えました。

普通なら、早期退職金をもらったら、借金返済や住宅ローンの繰り上げ返済を考えますよね。
私ももちろん考えました。

在職中に労金から借りていた借金は、強制返済ですので返しました。
ですがそれ以外の借金や住宅ローンは強制的にもっていかれないので考えました。

「すぐに再就職できるわけではないので、それまで置いておこう」

最初は、こんな感じの当たり前の思考でした。

再就職活動したり、B級グルメショップを食べ歩いたりして、日がどんどん経つうちに、考え方が変わってきました。

「投資で退職金を増やしてそして返済しよう」

投資に興味が湧いた私はさっそく、株の雑誌を買ってきました。

そしてすぐにSBI証券に口座を開設しました。これが貧乏への始まりでした。

まさか株に興味を示すなんて思わなかった

2012年の12月に早期退職して、1カ月も経たないうちに生まれて初めての大金がころがりこんできました。

退職金をどのように使うか、妻がある身でありながら私ひとりで考えました。
そんなことが出来たのは、妻と別居をしていたからです。

別居した理由は、妻を支え続けることに疲れたからです。

メンタルに問題のあることを承知で妻と結婚しました。そして結婚生活では妻を支えることに全力を尽くしました。

一番大きな問題は収入でした。

過食嘔吐する妻の食費だけでも、毎月10万円を越えました。
過食嘔吐するので、栄養にはならずに毎月10万円以上が嘔吐物と化して消えて行きました。

それ以外にも精神を落ち着けるために妻には趣味のお金など自由にさせました。
当然、会社の給料では足りません。そこで土日にアルバイトを始めました。

ピーク時には、土日だけのアルバイトでもたりずに、平日深夜、パチンコ店の閉店後の清掃バイトにも行きました。

昔、大阪駅前にあったゴルフドームでは、毎週1日、夜間のアルバイトをして、早朝5時に終わると大阪環状線の中で寝ながらグルグル回ってから会社に出勤したこともあります。

別居を決めた直前には、信頼関係が大きく揺らぐ出来事が起こりました。
そして会社から帰宅せずに別居を開始しました。

こういう状況でしたので、退職金の使途を自分で決めました。


記事検索
聴くと幸せな未来がやってきそうに思える2曲
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ