東京簡易裁判所から届いた訴状を持って、大阪弁護士会館の無料法律相談に駆け込んだ時からスタートした借金返済への取り組みですが、まず始まったのは固定資産税滞納による京都市役所からの差し押さえを解消することと、住宅ローンの延滞を正常戻すことの取り組みでした。

延滞を取り戻すための手段として、選んだ方法は「休日にアルバイトをする」という一番あたりまえの手段でした。
その当たり前の手段に励んだ結果、固定資産税と住宅ローンの延滞を解消することが出来ました。

その後は、債務整理で和解できた毎月返済額を稼ぐためにアルバイトを頑張り続けました。


7月分の支払いが終わったので、債務整理が始まってからいくら返済できたのか計算してみました。
122万円でした。もう5分の1も返済出来ていました。

固定資産税と住宅ローンの滞納分も含めると250万円ぐらい返済できていたのです。


今日は、暑い中での握手会バイトでしたが、もう5分の1も返済できたかと思うと、暑くてもがんばる気になれました。


皆さんの応援だけがブログを続けるための原動力です。

バナーをポチッとして応援お願いします!