今回の台風で私と同じく出口調査のアルバイトをされていた29歳の男性が亡くなりました。

水没した車中に閉じ込められていたそうです。

29歳の若い命が、人命軽視のマスコミによって殺されたも同然です。


私の移動方法は、徒歩でした。

アンケート用紙を濡らさないように自分で工夫して持って、傘を差しながらテクテクと4つの投票所を回りました。


調査会社から状況確認の電話がありましたが、調査会社が心配していたのは、投票に来られている人が多いか少ないかです。

避難準備のサイレンがなりまくろうが、移動にタクシーを使ってくれなんて一言も言われませんでした。

私の社の調査終了時刻は18時でした。


でも、別の社では20時までで、私達の最後の投票所に18時に20代前半のきゃしゃな女性がひとりで出口調査にやってきました。

おそらく20時に終わったその女性は、何時間もかけて帰宅したのだと思います。



自民党の圧勝が予想されていたのに、人命を軽視してまで出口調査を継続する必要があったのでしょうか。


このブログは広告を一切貼っていません(スマホで表示される広告はlivedoor社の収入になります)。なので閲覧者が多くても少なくても関係はありませんがせっかくならたくさんの方に読んでもらえるようにランキングがそこそこ上位でおりたいです。

皆さんの応援だけがブログを続けるための原動力です。

バナーをポチッとして応援お願いします!