妻の許可なく早期退職金を株で溶かして債務整理中

某家電メーカーを早期退職して得た退職金を株投資で運用して、別居中の妻が住むマンションの住宅ローンを一括で返済しようともくろみました。 でも逆に全部溶かしてしまった上に、借金が残って首が回らなくなって個人再生を選択しました。でもマンション問題があり債務整理に切り替えました。 退職金が溶けたことはまだ打ち明けていません。

2019年01月

毎月80時間残業したい

忙しい日々が続いています。

明日、明後日は本業ですが、明日は23時まで仕事して、明後日は6時半から仕事です。

23時終わりなら、帰宅は24時を回ります。
そこから夕食を取ってシャワーを浴びたら就寝は1時を過ぎてしまいます。

その翌朝は朝5時には起床しないと間に合わないので睡眠時間は4時間しか取れそうにありません。
明後日の本業終了は早くて22時で、最悪23時頃です。

朝6時半から23時まで16時間半で残業が7時間以上という長丁場ですが、日雇いバイトで何度も経験していますし、肉体労働ではないので全然平気です。

いっそのこと、こういう日が毎月半分あって欲しいぐらいです。
毎月80時間残業があれば、毎月の日雇いバイトは月2、3回程度入るだけで大丈夫になるからです。


からだを見て勝手にごはんの量を決めないで欲しい

本業のここ数日間は、非常に忙しい日々が続いています。

2日連続で朝6時半出勤で、会社を退出したのが、26日は21時。27日は22時でした。

当然、お腹が減ります。だから、社食での昼食を、「そばだけ」を止めて定食にすることにしました。


SN3V01960002

和風ハンバーグ定食です。野菜にドレッシングをかけ過ぎてしまっています。

今回の問題は、ごはんです。
普段、私は白米を大量に食べません。

社食以外でもごはんの量を選ぶときは「少な目」にしています。


今日、和風ハンバーグ定食の列に並びました。
たくさんの人が並んでいたので、ごはんをよそう担当の人が次々にお茶碗に盛ってカウンターに並べていきます。
ほぼ同じ量のごはんが並んでいました。そして、あと2番目にご飯を取る順番が来たときに、よそっていた担当の人が、ごはんを盛ったお茶碗を手にすると、ご飯をさらに追加したのです。

SN3V01970001

私の前後に並んでいる方用かなあと思いだしましたが、並んでいる人を見ると、私のためを思って頼みもしないのに勝手に大盛りにしたのが明らかでした。


大盛りが欲しかったら「大盛りで」と言うし、デカ盛が欲しかったら「デカ盛りで」と言います。

勝手にごはんの量を決めないでください。



炭水化物肥りしてしまった

借金問題を弁護士に相談して以降、債務整理の返済が始まるまで少し余裕がありました。

そのため、借金返済で苦しんでいた時のような炭水化物中心の食生活を改善することが出来ていました。
そして体重がみるみるうちに下がってきました。

でも、債務整理が始めまって毎月75,000円を準備しなくてはいけなくなってからは、再び炭水化物中心の食生活になってしまいました。

安くてお腹が膨れるものと言えば、カップラーメンであったり菓子パンや調理パンなので、炭水化物だらけです。


会社の定期健康診断がありました。
体重が約5キロ増えて、ウェストもかなり増えていました。

SN3V01900002

画像の食事は、過去にも記事にしましたが、健康診断後に会社負担で支給された朝食です。

前の勤務先では、朝食抜きで健康診断を受けたあとは、昼休みまで我慢するか、社内の売店でパンやおにぎりを買って、胃に流し込んで短時間のうちに職場に戻るというのが当たり前でした。

でも、今の勤務先では、ちゃんとした食事(私にはちゃんとし過ぎる食事)が用意されていて、ゆっくりと食べてから仕事につきます。

肥ってしまったことは、健康診断で測定するまでもなくわかっていたので、がっかりすることもなく、コーヒーをお代わりして、普段は入れないミルクまで入れていただきました。

福利厚生中心で再就職先を決めたので、このようなことになっているのですが、こんな朝食はいらないので現金で欲しいと思う今日この頃です。


結局、コールセンターに入ってしまった

今日の本業休日の日雇いバイトとして倉庫作業3種類にエントリーしていました。

でもなかなか採用連絡が来ないので、先日働いたアウトバウンド(発信)のコールセンターにエントリーしてみました。
すると2時間後ぐらいにコールセンター採用の連絡が来ました。

倉庫作業の採用連絡が来たらそっちに乗り換えようと思いましたが、前日になっても連絡が来ませんでした。

仕方ないので、コールセンターの仕事に入りました。


コールセンターに着いて、前回と同じアウトバウンドのグループに行くと、日雇い派遣席が3つ。
そのうち、1席が空席で、もう1席が初めての女性でした。
私が応募しなかったら3席中2席が空席という事態でした。

コールセンターでの日雇い派遣をメインにしている女性達がここを嫌ったのでしょう。
アウトバウンドなのに、休憩は昼休みの1時間だけ。それなのに時給はわずか1100円。そのため、この日のリピーターが、滑舌の悪い50代おっさんの私だけになってしまいました。

9時から電話をかけまくっても全然時間が進みません。

倉庫作業中は、腕時計を見ないことにしています。その方が時間の経つのが早く感じられるからです。でもコールセンターの場合は、パソコンのモニターに常に時間が表示されているので、見えてしまいます。だから常に時間を意識してしまうのでなかなか時間が経ちません。

コールセンターでは、「後処理時間」を短縮することを要求されます。そのため、常に時計を見ることになります。

・時間経たない
・しゃべりまくりのストレスが襲ってくる。
・時給が安い(倉庫仕事よりは高いですが)
ストレスだらけのこのコールセンターから逃げたいです。


来週の今月最後の休日の日雇いバイトが決まっていません。
倉庫作業に採用されそうになくてもコールセンターのエントリーボタンを押さずに、肉体的にきついけど「恵方巻き寿司製造」に行きます。


私みたいな人と結婚したかったと言われて・・・

30歳年下の友達の友達であるDV被害女性とは昨年、子供達を連れて味噌ラーメン店に行って以降は会っていませんでした。

会えなかった理由は、私の金銭事情です。
子供達に会いたかったのですが、我慢していました。

でも、少し前からDV被害女性が私に話しを聞いてもらいたいと何度かメールが来るようになりました。

話しを聞いてあげたくてもお金がないので、マクドでスマイル無料コーヒーを飲みながらとかなら可能ですが、50代のおっさんが20代女性の相談を乗るための場所がさすがに無料ってわけにはいきません。
交通費もそこそこかかるので、行ってあげたくてもなかなか踏み出すことができませんでした。

「電話でお話しできませんか?」ともメールが来たのですが、電話代も痛いので「仕事の帰り遅いから」と返していました。

でも、最近、ほんとに話しを聞いて欲しくて我慢できないような状況に感じたので、今日2人だけで会ってきました。30歳年下の友達は、体調が優れないので不参加になりました。

子供の将来についてかなり悩んでいるようでした。DV被害女性には子供が2人いるのですが、2人の子供の父親は別人です。
DV夫は下の娘の父親です。下の娘は幼かったのでDV現場のことは全く記憶にありません。
でも上の息子の方は鮮明に覚えているようです。

DV被害女性は、息子の養育に対してずっと後悔していることがあるとのことでした。

それは、DV夫から「おまえは息子を甘やかしすぎ、もっと厳しくしろ!」と洗脳のように言われて、自分の息子に対する接し方が間違っていたのかと思ってしまったそうです。
それからかなり厳しい育て方をしてしまい、そのことを今でも悔いていました。

息子の将来についてとか、DV被害女性の今後の生活設計とか約2時間にわたり会話しました。

「こんな深い話しが出来るのは●●さんだけです。●●さんと話しをするとすっごく癒されます」
「年が離れすぎているから恥ずかしがらずに何でもしゃべるので、そう思うだけじゃないかな」

「どうしてあんな奴(DV男性)と結婚してしまったのか不思議です。●●さんみたいな人と結婚したかったです」
「私みたいな男と結婚してたら将来貧乏になるよ」

こう言って、この日の2時間のおしゃべりが終了しました。


SN3V0176


記事検索
毎日のように聴いている音楽
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ