妻の許可なく早期退職金を株で溶かして債務整理中

某家電メーカーを早期退職して得た退職金を株投資で運用して、別居中の妻が住むマンションの住宅ローンを一括で返済しようともくろみました。 でも逆に全部溶かしてしまった上に、借金が残って首が回らなくなって個人再生を選択しました。でもマンション問題があり債務整理に切り替えました。 退職金が溶けたことはまだ打ち明けていません。

2018年10月

死にたいぐらいの大ショック

11月の副業収入見込みが大幅に狂う大ショックな出来事が発生しました。

それは、完全にあてにしていたお泊り付きバイトが今年の秋には実施されそうにないのです。

2016年の11月から参加したお泊り付きバイトですが、借金返済で旅行に行く余裕のない私に、給料と旅情をプレゼントしてくれました。

◆2016年秋
京都府北部の都市、兵庫県と岡山県の境に近い町

◆2017年春
鳥取県、京都府北部、福岡県

◆2017年秋
石川県、福井県、鳥取県

◆2018年春
和歌山県新宮、白浜、田辺

今年の秋にも実施されると信じて、連休を設定しました。
出雲大社や、山口県あたりに行きたいなあと夢を描いていました。


それなのに・・・


お泊り付きバイトの会社に問い合わせメールをしました。

すると「連絡がないので、秋は無い模様」との返事がきました。


お泊り付きバイトのクライアントは、日本人の99%の人が利用したことのある大企業です。
そんな大企業なので、事前準備にはそれなりの期間を要します。
例年実施される期間の1か月前になっても、連絡がないということは、やはり実施されないのでしょう。


ほんとにショックです。
役職手当までもらえるぐらいのベテランになっていたので、実施されたら非常に満足のいく収入が得られたのです。


旅行にいきたい・・・

残業強化開始

来月11月は、年に2度の連休を設定しています。今年は8日間です。

それ以外にも通常の休日があるので、月の半分が休日になります。
したがって、本職での残業手当がかなり減ります。

残業代が何万円も減ってしまっては、副業で稼いでも意味がありません。
そこで残業を増やすことにしました。

幸いなことに今の会社に入社してから、残業を減らせたと言われたことがありません。
協定時間を越えないようにとは言われていますが、それ以外は自由に残業が出来ます。

中間管理職なので、仕事を増やそうと思えばいくらでも増やせます。

今はだいたい平均1日1時間30分残業していますが、これを平均3時間にします。
そうすると、11月の残業手当は通常通り稼げます。

まだ10月ですが、早速今日は22時45分まで残業してきました。

がんばります!

ちゃんとしたバイト再開しました。

涼しくなってきたので、日雇いバイトを再開しました。
今月末からは医薬品のピッキングバイトも再開します。膝がぶっ壊れたらその時に考えます。

今日の仕事はピッキングバイトではなくて、調査の仕事に入りました。
遊技機を指定された時間、実際に打ってみて感想を書く仕事です。
給料は時給に換算したらかなりの高額ですが、遊技費用を含んでいるので負けたら薄給になります。

指定された機種が空くのを待って、調査スタート!
リスクを減らすために、1円パチンコです。

すぐに当たって、大連荘。調査じゃなければ連荘終了した時点ですぐに止めていますが、決められた遊戯回数がクリアできていません。

大連荘で得られた玉が減っても条件クリアしなければ調査給料がもらえません。

1000発ぐらい減らして終了です。

SN3V00620002

パチンコでの収入と調査給料あわせると20,000円以上になります。

来週は医薬品ピッキングバイトで、収入は約8,000円の予定です。





ひとりぐらい手伝えや!

世の中の他人に対する無関心さには呆れます。

今日、本業からの帰宅途中、乗換駅のエスカレーターを降りて、ホームに立つと、電車のドアの表示のないところに、男性の視覚障碍者の方が立っていました。

電車の状況的に、その視覚障碍者男性はホームに入ってきた電車にのることがあきらかでした。

私はすぐに駆け寄って念のために「この電車に乗られますか?」と聞きました。
「はい」という返事がきたので、「乗り位置が違います」と私の右腕をつかんでもらって案内しました。
その時に、その男性から3mほど離れた場所に、女性の視覚障碍者を見つけました。

男性を電車に乗せたあと、視覚障碍者女性を見ると、どこに乗り口があるのかわからずにオロオロしていました。

その駅は、乗換駅なのでたくさんの利用客が待っていました。ほぼ空の電車がほぼ満員になるぐらいになるような駅です。
そんなにたくさんの人がいるのに、女性がほったらかしになっていました。
男性が電車に乗ったので、私はすぐに女性の元に駆け寄りました。そして電車に案内しました。

たくさんの人がいるのに、どうして私ひとりで2人の方のお手伝いをしないといけないのか!
ほんとに他人のことが無関心というか冷たいというか信じられません。

視覚障碍者の方は一生の問題だから、他人の手助けなくても生活できるようにならないといけないという考え方はあります。
でも、事故が多発している駅のホームぐらいは、手助けしてもいいと思います。

この2人の視覚障碍者の方と同じ電車に乗り、空けてくださった好意で私を含めて3人で並んで座りました。そのお二人が隣の人が目が見えていて、質問したら答えてくれる人だと勘違いしてはいけないので、「お隣も視覚障碍者の方です」と紹介しました。
すると、その2人はすぐに打ち解けて会話が始まりました。

男性は生まれた時からの全盲。女性は歳を取ってからの全盲ということでした。
「あそこの駅は危険ですよねえ」という会話をされていました。

以前、覆面調査中にも阪急上新庄駅で視覚障碍者の方がホームから落ちて電車に曳かれたという事故の数分後に遭遇しました。それなりに利用客がいる駅なのに、みんな他人のことには無関心だったのでしょう。

借金は自己責任です。だから誰からも助けてもらえなくても当然です。
でも障害は本人が望んでなったわけじゃありません。

もっと優しくなって欲しいと思います。


神様が存在すると思った日の菊花賞

私の人生の中でほんとに神様がいるのではと思った日があります。
2002年10月20日。第63回菊花賞が行われた日です。

私は結婚直後から、土日は勤務先の家電メーカーに内緒でアルバイトをしていました。
摂食障害が再発した妻を助けるためです。

妻の主治医から、子供を作る行為も出来ないので離婚してもいいと思っていると伝えられましたが、離婚を選ばずに妻を支えることを決意しました。

そして土日のアルバイトを開始しました。
1日も休まずに頑張った結果、約100人のアルバイトの中でNo.2にまで昇格し、アルバイトの勤務スケジュールや配置を決めるなどの仕事を任されるようになりました。

給料はあがりましたが、嫌な仕事もしなくてはなりません。
アルバイトの人員が多い時には、働きたいと思っている人に無給で休んでくれと通告したりもしました。

そして、私に「休んでくれ」と言われた人物が、アルバイト先ではなく、なんと私の本職先の家電メーカーを恐喝したのです。
「●●のせいで収入が減った。●●はお前とこの社員だろ、減った収入分をよこせ」という内容でした。

恐喝なので、すぐに人事部や総務部に情報が伝わり事情聴取を受けました。

総務部長から「家庭の事情はわかった。アルバイトをすぐに辞めたら処罰はしない」と告げられました。
恐喝した人物は、警察OBが対処してくれました。

総務部長との話しが終わったのち、すぐにアルバイト先に事情を説明しアルバイトを辞めました。


この頃、1年半前に立ち上げたアダルト小説サイトが大人気になっていて、月極め広告収入がそれなりの金額になっていました。
でも、それは永遠に続くわけではないので、この先どうしようか悩みました。

メンタルな病気を抱えた妻に「会社にばれたから辞めた」と言うと心配させるだけなので、一生言わないでおこうと決めました。

辞めたとは言わないので、今後も毎月一定のお金を妻に渡そうと思いました。
でも、さしあたってのあてはありませんでした。


辞めたあとの最初の日曜日が第63回菊花賞の日でした。
少しでも足しになればと菊花賞の馬券を3連複で購入しました。
この頃、3連単はまだ発売されていませんでした。

選んだ馬は、
1番人気ノーリーズン
3番人気メガスターダム
10番人気ヒシミラクル
16番人気ファストタテヤマ
あともう1頭(忘れました)

5頭BOX 10点を各100円購入しました。

そして運命の時がやってきました。



武豊騎乗の1番人気馬ノーリーズンは発走直後に落馬するという大波乱の幕開けになりました。

馬券売り場で観戦していた客の大半の馬券がゴミくずになったので騒いでいました。
でも私には1頭消えても4頭残っていました。


最後の直線で、ヒシミラクルとメガスターダムが競っていました。
3番手は混戦でした。その混戦の中から18頭立て16番人気のファストタテヤマが抜けだしたのを見た瞬間、

「いけえええええええ!!!!」

と、静まり返っていた馬券売り場のフロアの中で私ひとりだけが絶叫していました。


レースが確定し、場内に表示された金額を見て、「神様がいた」と涙しました。

3連複 344,630円

この時の予想手法を同じ手法で今年の菊花賞を予想してみるとこうなります。

2番、3番、4番、5番、6番のボックス

少しだけ買ってみます。







記事検索
毎日のように聴いている音楽
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ