妻の許可なく早期退職金を株で溶かして債務整理中

某家電メーカーを早期退職して得た退職金を株投資で運用して、別居中の妻が住むマンションの住宅ローンを一括で返済しようともくろみました。 でも逆に全部溶かしてしまった上に、借金が残って首が回らなくなって個人再生を選択しました。でもマンション問題があり債務整理に切り替えました。 退職金が溶けたことはまだ打ち明けていません。

冤罪かもしれない裁判を傍聴した

本職休日の今日は、先日怒鳴られたコールセンターとは別のコールセンターで働いてきました。

15時30分に終業すると、大阪地裁が近いので裁判傍聴に向かいました。

大阪地裁の1階に置かれてある開廷表を見ると、その時間までに行われている裁判が4つほどありました。

そのうち3つが4時半に終わる予定だし、あまり興味を引く罪名ではなかったので、5時までの予定の法廷に向かいました。


DSC_0028_R


【罪名】強制わいせつ 監禁 強盗

【被告】30代男性2人

午後1時から審理が行われていた裁判なので、私は途中入場です。

わいせつ系の事件は傍聴マニアに人気があるので、満員で入れないこともあります。でも今日の法廷は大阪地裁では中規模の法廷でしたので余裕でした。

今日は、被害者の女性が証言する日でした。
被害女性は傍聴者のさらし者になるのをふせぐために、ついたての中にいました。ほとんどの性犯罪は被害者が証言に立つこともなく、被告や被告の情状証人達が法廷に立つだけで進められることが多いので異例でした。

ついたては、被害女性をまもるため以外にも、被告に見られたくない事件の目撃者たちもついたての中で証言する場合もあります。

途中からの傍聴なので、まずは状況把握に努めました。

被害者の証言や、被告の弁護士の発言、検察官の発言を聞いて整理しているうちに「なんだこの事件は?」と思いました。

【事件の概要】

20代の女性が出会い系で待ち合わせの約束をした男性と、JR久宝寺駅前のロータリーで落ち合って車に乗ります。車の中には別の男性がいて、女性と男性2人が乗った車は墓地の暗闇に移動。

その車内で女性は陰部を触られたのち、男性2人に強制的に性行為をさせられて、財布を盗まれたという事件です。性行為をしていますが強姦罪は適用されていません。




【不思議に思った被害者の証言】

・女性が乗り込んだ車の中にはもうひとり男性がいて覆面をかぶっていたのに乗車拒否もせずに乗り込み、そして女性自らがドアを閉めた。

・覆面をかぶっていた男性は、出会い系で知り合って交際中だった彼氏で、かぞえきれないぐらい彼氏の車に乗っていた。今回の事件に使用された車はその彼氏の車であったが、気付かなかった。覆面をかぶっていた人物も彼氏と気づかなかったと発言。

・性的な会話になって、パンストを履いているのかどうかという会話になり、女性の方から足を触ってもいいよと発言。

・その後、強制されていないのに、パンストとパンツを脱いで車のイスに浅く腰掛けたと発言。

・彼氏じゃない方の男性が陰部に指を入れようとしたが、やめてともいわず、足を閉じることもせずに足を動かして抵抗。陰部に指が入ると抵抗をやめた。

・男性2人が性行為をしたいと言うと、女性は「ゴムを持っているの」と質問し、「持ってない」と言われたが、拒否せずに、順番に性行為を行った。

・墓地での性行為が終わったのち、女性は家の近くの駅まで送って欲しいといい、駅まで送られた女性は車から降りる際に「ありがとうございました」と挨拶して、ドアを閉めて車を見送った。

・性行為が終わったあと、その場で車から降りて警察や親に電話をかけて助けを求めることを思いつかなかった。

・事件を知った父親は、被告の弁護士に示談金数千万円を要求した。




いかがですか?女性の発言や行動は絶対におかしいですよね?
ショックのあまり、理解できない行動を取ったかも知れませんがおかしすぎです。

調書を作る際に、検事から「パンストとパンツを脱ぐ前に陰部に指を入れられたというのはおかしい」と指摘されて、順番を逆に訂正したそうです。

また、検察官から「検察で証言の練習をした際の証言とは異なることを言っていることがわかっていますか?」と指摘されていました。

検察側も被告を疑っている空気が漂っていました。



次回公判は、9月6日10時からです。被告が証言台に立ちます。

この日、11時~12時の約1時間だけ傍聴する予定です。スーツを来た黒縁メガネ男性がいたら私です。

午後からは、すごく変わった日雇いバイトで働くために1時間しか傍聴できないのは残念です。


このブログをご覧いただきありがとうございます。
毎日読んでいただけるように頑張りますので
下のバナーをポチッと押して応援をお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
 

皆さんの応援だけがブログを続けるための原動力です。

バナーをポチッとして応援お願いします!


送電停止を余裕でクリア!

公共料金が払えなくなって、電気が止ったことは4回あります。ガスは3回です。

ガスは止ってもなんとか生活できました。からだは水で絞ったタオルで拭いて、洗髪は冷たい水でも気合入れて我慢しました。

電気はきつかったです。パソコンも動かないしケータイの充電もできません。

冷蔵庫からは霜が水になって流れてきましたし、湯沸かしポットが使えないし、ガスが来ていても湯沸かし器が動いていません。

IMG_0185


今回は、9月1日中に電気代を1か月分払わなければ送電を停止すると通知が入りました。

 1,845円ぐらいは、日雇いバイトしている私には余裕です。


このブログをご覧いただきありがとうございます。
毎日読んでいただけるように頑張りますので
下のバナーをポチッと押して応援をお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
 

 

皆さんの応援だけがブログを続けるための原動力です。

バナーをポチッとして応援お願いします!


明日は別のコールセンターで働いてきます

明日は腹を立てたコールセンターの仕事はキャンセルして、別のコールセンターで働いてきます。

コメントを頂きましたので、我慢できないもうひとつの理由について書きます。

守秘義務がありズバリは書けませんので、理解していただきにくいかも知れません。


問題はランクアップの背景にあります。

注文するために電話をかけてこられた消費者は、製造元の広告を見て、「欲しい」と思ったはずです。

それに対して、そのコールセンターのオペレーターは、その製品の標準仕様では満足いただけないと説得しなければなりません。

広告には標準仕様でも十分だと書かれているにもかかわらず、標準仕様では満足いく性能ではないと説明します。

「そうなの・・・じゃあいらないわ」と言われたら、大慌てで標準仕様でも問題ありませんと、懸命に買わせます。



同業他社の商品と比較すると、圧倒的に負ける点があります。

そこを突かれた場合は、科学的根拠のないトークをして逃げないといけません。


要するに、嘘をついてまでランクアップを勧めないといけないのです。



以前の勤務先では新製品がデビューする際には、競合他社商品と比較して、数値的に優位な実証データーのある特長に対してはセールストークが考えられました。

その特長を消費者にアピールするために、テレビCM、新聞雑誌広告、ネット広告、パブリシティ、カタログが統一した表現を取り、ぶれることはありませんでした。

ですが今回の製造元は、広告では安物でも十分と言っておきながら、コールセンターでは安物はだめですと言わせているのです。

5分間ぐらいの注文手続きのつもりでかけてきた人に、何倍もの時間をかけて、ランクアップしたら、あんなこともできる、こんなことも出来ると説明しなくてはなりません。


ランクアップしたら、ほんとにすばらしい生活がやってくるなら、消費者のためだと思って懸命に説得します。



もう心が痛むのはいやです。いくらお金が欲しいからと言って魂を売ってまで押し付けるつもりはありません。


自分と葛藤しながら、ランクアップを勧めていたのですが、怒鳴られたことで答えが出ました。


押し売りはしません。



このブログをご覧いただきありがとうございます。
毎日読んでいただけるように頑張りますので
下のバナーをポチッと押して応援をお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
 


 

皆さんの応援だけがブログを続けるための原動力です。

バナーをポチッとして応援お願いします!


記事検索
毎日のように聴いている音楽
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ