妻の許可なく早期退職金を株で溶かして個人再生中

某家電メーカーを早期退職して得た退職金を株投資で運用して、別居中の妻が住むマンションの住宅ローンを一括で返済しようともくろみました。 でも逆に全部溶かしてしまった上に、借金が残って首が回らなくなって個人再生を選択しました。 退職金が溶けたことはまだ打ち明けていません。

私に個人再生を決めさせた出来事

(このブログは当面の間、これまでの私の軌跡と、日々のことを時系列無視でアップしていきます。)

退職金が完全に溶けてからでも、株投資で一発当てようとしていました。
それも出来なくなってからでも、必死で自転車操業のためにペダルを漕ぎ続けていました。

でも、まず最初に最大金額をお借りしていたA銀行から新規融資を止められてしまいました。
毎月の返済が52,000円だったのですが、52,000円返済するとその直後に約45,000円新規融資を受けることができました。ですので、A銀行への毎月の返済額は実質的に7,000円でした。

その新規融資を止められた月から急激に追い詰められていきました。

延滞が始まると、当然ですが督促の電話がかかりました。やがて、勤務先にも・・・。

勤務先に、取り立ての電話をすることは違法と思っていたのですが、認識が甘すぎました。
個人に電話をかけても連絡が取れない場合は、勤務先に電話をかけることは許されるのです。

勤務中に、ケータイに着信が入ります。仕事中なので当然出れません。
着信を数回スルーすると、勤務先に電話がかかってきました。

毎月のように、いろんなところから電話がかかるので、上司や同僚に気づかれました。

こんな状況になっても必死に自転車のペダルを漕ぎました。

でも、ついに恐れていたものが届いたのです。

SN3V0582

消費者金融が、一括返済を求めて東京簡易裁判所に申し立てした訴状が届いた瞬間、自転車のチェーンがブチッと切れてしまいました。

東京簡易裁判所での民事裁判が開かれるのは2016年7月1日。
夜行バスのチケットを買って準備しました。

そして、大阪弁護士会の相談所に行って、弁護士にこの裁判以降、どのようなことになるのか尋ねました。

「すぐに動いた方がいい」

その場で、弁護士に依頼しました。


この時点での債務は次の通りです。

銀行2社から300万円

消費者金融数社やクレジットカード数社から220万円 

他に、固定資産税25万円、副業にかかる住民税5万円 

 

借金苦ランキングから来てくださった皆様ありがとうございました。

ランキングに戻るボタンはこちらです。


バブル到来

株投資を始めて約2か月後、700万円で現物取引をしていました。

アベノミクスで、株取引を始める人が増え、市場は活況を呈していました。

2013年の4月に、コロプラ、ガンホー、ユーグレナに投資していた私は、毎日100万円増えるというバブルを体験してしまいました。

最高で400万円儲かりました。400万円プラスでやめておけばよかったのですが、トコトン行ってしまいました。

ゴールデンウイーク明けに、再度投資したガンホーの暴落が始まりました。

その損を取り返すために、ますます損が拡大していきました。

現物取引では負けをイッキに取り返すことができない・・・・・そう思った私は信用取引を始めました。

借金苦ランキングから来てくださった皆様ありがとうございました。

ランキングに戻るボタンはこちらです。


株投資開始

株投資の最初は、少額で買える銘柄でスタートしました。

たまたま「ランド」という銘柄が少額で買える銘柄でありながらも激しい値動きをしている日でしたので、瞬間的に10万円の投資でも5万円ぐらい儲かりました。
でもその後、一瞬で急落して損が出ました。何度も繰り返して50万円ぐらい投資して10万円の損で終わりました。

すごく後悔したので、これでやめればよかったのですが、その後大きく勝ってしまう日がやってきたのです。

借金苦ランキングから来てくださった皆様ありがとうございました。

ランキングに戻るボタンはこちらです。


記事検索
聴くと幸せな未来がやってきそうに思える2曲
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ